医師転職ということについて考えてみます

転職というと、基本的には職を変えることを意味します。サラリーマンが仕事を辞めてラーメン屋になったり、弁護士が仕事を辞めて農家になったりすれば、間違いなく転職ということになるでしょう。では、医師転職とはどういう状況を指すのでしょう。医師がそれ以外の仕事につくことでしょうか。これは可能といえば可能ですが、珍しいことのように思います。では、医師以外の人が医師になることでしょうか。これは、医師になるには6年間医学部で勉強し、医師国家試験に合格しなければならないことを考えると、かなり困難なことと言えるでしょう。では医師転職とはどのような状況を指すのかと考えると、それは勤務医から開業医への転換であったり、その逆であったりすると思います。医師は医師でも、どういった形で医師をするかで、働き方や医師としての心構えも大きく違ってくるものだと思うのです。